最後の眼鏡(アスベストで亡くなった父)

画像の説明

私(中西さつき)の父は、
ずっとダブルブリッジの眼鏡を愛用していました。複数所有してても、必ずダブルブリッジ。
まるでトレードマークの様に。

写真は、
最後になった、形見にもらった眼鏡。
形見に、一番希望したのは、なぜ眼鏡か?

近視で遠近を愛用していたので
この眼鏡は、ずっと朝から寝るまで父と一緒に
過ごしていたと、言えると思ったからです。

眼鏡を見ると、父を思います。
顔にのっていたのですから、
顔を思い出しやすいと感じます。

去年の9月29日 父が急逝。
余命1年と言われて、1年半で亡くなりました。

悪性胸膜中皮腫

市から技能功労賞を受けたことのある
木造建築大工だった父。

画像の説明
アスベストが原因でした。

アスベストがなければ、今も元気だったのかな?と
考えると、辛くなりますが

5月17日 アスベスト裁判で国と企業が
最高裁で責任を認めたニュースがありました。

アスベストは、発症まで約40年と言われています。
悔やみきれませんが、せめて
国が認めてくれた事、多くの悲しい気持ちの
遺族が救われるものだと感じました。

画像の説明

事務所の玄関には、父の趣味でもあった
古木を飾っています。

父が生きていた証の眼鏡と古木
このふたつを見ると、頑張ろうと気持ちになります。

LINEで送る


 


コメント


認証コード4380

コメントは管理者の承認後に表示されます。