上下斜位15プリズムを補正できるのは眼鏡だけ。

画像の説明
(撮影時、眼鏡仮枠が傾いています、ご容赦下さいませ)

お客様からよくご質問を頂きます
さつきさんも強度近視でコンタクト不可になったのですか?と。

理事長
アイファッションコンサルタント中西さつきは

上下斜位15プリズムなんです。近視は中程度で、
10年前コンタクト不可になったときは、原因不明でした
その後、両眼視機能検査をうけ、判明。

画像の説明

目が疲れると、上下にずれる
当然、物も二つに見えます。複視という症状になります。

それは眼の筋肉をえい!と気合を入れて物をみるぞ!と
集中しているときは、目も上下にならず、物も二つに見えずに済みます。

でも、ずーっと気合をいれるのは疲れるもの。
全速力でダッシュし続けるなんて無理ですものね・・・

若い時は筋力でカバーできていたものが難しくなり、
唯一補正できるのが、そう!眼鏡なのです

中西さつきは、眼鏡を常用することで楽に物を見ることが
できるようになりました。
眼鏡でしか、うけれない恩恵をうけれています

でも、眼鏡をかけずに済むならいいのになーって
思うことも正直あります。選択肢は多いほうがいいからです。

近視でコンタクト不可になってしまう前に、
眼鏡と併用し、コンタクトの選択肢も残せる暮らしが
快適かもしれません。

眼鏡で魅力的にもなる!
この10年眼鏡と共に暮らし、実感していることです。

コメント


認証コード9515

コメントは管理者の承認後に表示されます。